Defi

【MetaMask】MetaMask(メタマスク)にBSC(Binance Smart Chain)の設定をする方法【バイナンス】【ブロックチェーン】

このページではMetaMaskにBSC(Binance Smart Chain)の設定をする方法について解説していきます。

MetaMaskがまだインストールできてない方はこちらを参考にMetaMaskをChromeにインストールしていきましょう⇒MetaMask(メタマスク)をChromeにインストールしてウォレットを作成する方法

 

インストールしたMetamaskは、最初はイーサリアムに接続しています。

イーサリアムはガス代(利用料)が高いので(2022年1月時点)、もっとガス代(利用料)安いBSC(Binance Smart Chain)を追加してDeFiを運用していきます。

 

Chromeの拡張機能からMetamaskを開く

Chromeを開いたら、右上の拡張機能の黒いキツネ―マークをクリックします。

拡張機能の中からMetaMaskを選択しクリックします。

 

パスワードを入力し、ロック解除をクリック。

 

MetamaskにBSC(Binance Smart Chain)を追加設定

MetaMaskが開いたら、イーサリアムメインネットをクリック。

設定をクリック。

 

ネットワークをクリック。

 

ネットワークの追加をクリック。

 

ネットワーク追加の画面になるので、必要事項を順番に入力していきます。

 

正しく入力したあと、保存をクリック。

 

追加成功です。(Binance Smart Chainに切り替わり、通貨がBNBになりました)

 

ネットワークがBinance Smart Chainにチェックされていることを確認。

 

これでBSCに接続完了です!

 

まとめ

これでMetamaskのネットワーク選択項目にBSC(Binance Smart Chain)が追加されました。MetamaskにBSCの接続設定をすれば、同じウォレットでBSCに移動することができます。