ヤマト便の計算方法

Uncategorized

スポンサードリンク





アマゾン物販をやっていくうえで、大事になるのがFBAに納品する際の送料。

これをいかに安くできるかで、最終的な利益率に大きな差が出てきます。

FBAに納品する際にいろいろな運送会社を利用する方が多いですが、今回は一番利用しやすいヤマト運輸のヤマト便の実際をシェアしていきたいと思います。

ヤマト便とは

ヤマト便とはメーカーのホームページによると

宅急便のサイズ(縦・横・高さの合計が160cm以内、かつ重さが25kgまで)を 超えるお荷物や、一梱包あたり30万円を超えるお荷物をお届けします。

出典:ヤマト運輸 

ということで、宅急便のサイズを超えるもを送るための発送方法ということです。

さらに大きなメリットとして、発送重量が増えれば増えるほどキロ当たりの運賃が安くなるというメリットがあります。

30㎏までだと約2500円前後(愛知―神奈川)かかる送料が、180㎏までになると約5000円前後と約3分の1程度の送料で送ることが出来るので、同じ住所に大量に荷物を納品する場合にとても有利になる配送方法です。

さらに、特に契約などいらず、だれでも利用できるというのも大きなメリットです。

ヤマト便の計算方法

下記リンクがヤマト便 愛知発送の計算方法です。

ヤマト運輸
ヤマト運輸のWebサイトです。

容積換算重量の計算式は

計算方法は「実重量」と「容積換算重量」の重い方が採用されます。

【容積換算重量の計算方法】

縦( メートル )×横( メートル )×高さ(メートル)×280=容積換算重量(kg)

になります。

例えば標準的な140サイズ(56x40x40cm)のダンボールだと

  • 0.56x0.4x0.4x280=25.088kg

ですので、容積換算重量の25.088㎏と実重量の重い方が採用されます。 (ほとんどは容積換算重量のほうが重くなると思います。)

 

例えば、愛知から神奈川の小田原倉庫に入れるとしたら、総重量が

  • 30㎏までは2463円(キロ当たり82.1円)
  • 60㎏までは2777円(キロ当たり52.9円)
  • 100㎏までは3511円(キロ当たり35.1円)
  • 180㎏までは4461円(キロ当たり24.8円)

標準的な140サイズで容積換算重量25㎏で計算すると、

  • 1箱25㎏→30㎏までなので2463円(1箱あたり2463円)
  • 2箱50㎏→60㎏までなので2777円(1箱あたり1389円)
  • 3箱75㎏→80㎏までなので3176円(1箱あたり1059円)
  • 4箱100㎏→100㎏までなので3511円(1箱あたり878円)

という風になっていきます。

クロネコメンバーBIG割で140サイズで中部-関東が約1350円程度なので、3箱以上同一住所に送るならヤマト便の方がお得になります。

(ただし保険料は別。1万円で10円。かける場合は最低50円です。)

ちなみにそれぞれ○○㎏までは同じ料金なので、例えば85㎏でも99㎏でも100㎏までの料金3511円になりますので、うまくギリギリのところで合わせるとさらにお得になります。

あと気を付けなければいけないのは、お届け日数は、全国翌々日配達(宅急便のお届け日数+1日)ということです。

ただ、実際使っている感じでは、17時に集荷に来てもらった場合、愛知→小田原倉庫で、だいだい翌日のAM~昼くらいには倉庫に到着しています。

まとめ

アマゾンの納品する際に

  • 2箱以下だとクロネコメンバーズBIG割がお得。
  • 3箱以上になるとヤマト便がお得。
  • 10~20箱まとめるとかなり送料はお得になる。

ということになります。

ご参考にして頂ければと思います。

タイトルとURLをコピーしました