ダブルインプット&アウトプット法

Uncategorized

スポンサードリンク





ダブルインプット&アウトプット法

今日は最速で実績に繋がる
ダブルインプット&アウトプット法について
お話したいと思います。

これはYSPの加藤さんが考案した方法で、
従来、アウトプットと言われる言語化を
2回目のインプットとし、
作業に落とし込むことをアウトプットとする
という方法です。

つまり

・聞く、学ぶ→1回目のインプット
・まとめる、言語化する→2回目のインプット
・作業に落とし込む。→アウトプット

ということになります。

言語化することは学びをさらに深める

いままで、言語化することがアウトプットと
教える方も多く私もそう考えていたのですが、

言語化することは学びをさらに深め
自分の血肉としていくこと
(←2回目のインプット)

その血肉になった知識を何らかの作業に
落とし込み実践していくこと
(←アウトプット)

こう考えることで、そして学びを実践に
移していくことで、最速に実績を上げて
いくことが出来る。

ダブルインプット&アウトプット法の
真髄だなと思います。

アウトプット=実践。

だから常にインプットの段階で、

この情報、この学びは何に応用していけるのか、
どの作業に落としこんでいくとより有用なのか、

という視点も持ちながらインプットしていく
ことで、

言語化→実践

のレールが引きやすくなります。

そして、

インプット→言語化→実践→検証→仮説
↑     ↓
← ← ←
のサイクルをしっかり回していくことが
出来るようになり、ひとつのインプット、
ひとつの学びを最速かつ最大限に活用して
いけます。

それが、ひとつのコンテンツになり、
再活用することでさらに稼ぎが加速化できる。

いいことづくめです。

まずやってみる。

以上考えてみると、まずやってみる。

そこから考える。でいいのかなと。

もちろん、インプット(ダブルで。言語化は血肉になる)ありきですが。

そして、仮説の重要性。

仮説を立てることで実践のフィードバックがやり易くなる。

そのフィードバックに基づき、新たな仮説を立てて、実践。

そして検証のサイクルをぐるぐる回していける。

まとめ

こんなにいいことづくめの『ダブルインプット&アウトプット法』。

ぜひみなさん実践してみてくださいね。

余談になりますが、例えばブログの開設作業。パソコンに弱い40代のおじさんである私にとってはヒジョーに大変な作業です。

でどうしようということで、ブログ開設についての本を購入しました。いわるるWordPressなんちゃらという本です。

.........

......

...

さっぱりわかりません...

わからないというかある程度までは設定できるのですが、その先の肝心な部分が全くない。このまま漠然と運営していったとしても、ブログの荒波に飲まれて一生浮かび上がってくることはないなと思います。

で、仮説を立て、そんなに高くはないけどボリュームがあると定評のブログ講座の教材を買う。そして、まずはそこの必要な部分だけを抜き出して、自分のブログ創りに応用する。そして、あわよくば、その教材のノウハウを実践してみる。

そうして、比較的安価な教材を購入しました。

うん、これは、早いわ。

やはり、自分の求めているものが非常に丁寧にわかりやすく書かれてあるので、初期設定については万全になりました。加えて、今後の展開や、ブログのSEOを上げていく方法や、キーワードをリサーチしていく方法、なかなかSEOが上がらないブログのキーワード改正方法まで、非常にボリュームがあります。

文章を読むのが苦手な人にはなかなか大変かもしれませんが、文章を読みなれている人には大変満足できる分量だと思います。

もちろん、ここでもダブルインプット&アウトプット法が大事になるのですが。

自己流で勉強するのもいいが、やはり時間は大切。こんな選択肢もあります。

いかに、レバレッジを効かせることが出来るか、この辺りがだんだんとビジネスが進んでいくうえで重要になってきます。

時間もしかり、規模もしかり。

明日からも頑張っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました