Defi

【初心者向け】【最新版】OpenSeaで利用する3種類のETH(イーサ)|黒・赤・紫の違いを解説【OpenSea】【オープンシー】

bitbank

こんにちは。NFTコレクター 🐷 kyagi | カヤギ 10豚神 🐷 @kyagi2022です。

 

リーリー
リーリー
あーこのNFTかわいいなー、買っちゃおう💛
リーリー
リーリー
ふふふふふー💛カートに入れてと。

 

リーリー
リーリー
0.01ETHかー💛コンプリートパーチャス💛英語にも慣れてきたな、ぽちっと

 

リーリー
リーリー
なななっ??これはなんだ???

 

kyagi
kyagi
はい、このNFTを購入するためにはETH(イーサリアム)でなくポリゴンETHが必要ですよーという警告です。

 

リーリー
リーリー
ポリゴンETH???

kyagi
kyagi
はい、OpenSeaでNFTを購入するときには、黒・赤・紫の3種類のETH(イーサ)を使い分ける必要がありますよ!

 

このページではOpenSeaで利用する3種類のETH(イーサ)|黒・赤・紫の違いについて解説していきます。

 

OpenSeaで利用する3種類のETH(イーサ)

・黒イーサ(通常のETH)

・赤イーサ(オークションの時に使うWETH)

・紫イーサ(ポリゴンNFTを買うときに使うポリゴンETH)

 

 

※この記事は2022年11月24日時点の内容になります。当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
※当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

OpenSeaで利用する3種類のETH(イーサ)

 

OpenSeaでNFTを購入するときには、以下3種類のETH(イーサ)が利用されます。

 

  • 黒ETH(イーサ)
  • 赤ETH(イーサ)
  • 紫ETH(イーサ)

 

それぞれの違いは「使用用途」「ブロックチェーン」です。

 

おおまかには以下のとおりになります。

 

  • 黒ETH(イーサ):イーサリアムチェーンのNFT売買時に使用
  • 赤ETH(イーサ):オークション・オファー時に使用
  • 紫ETH(イーサ):ポリゴンチェーンのNFT売買時に使用

 

それでは具体的に見ていきましょう。

 

黒ETH(イーサ)とは

 

黒ETH(イーサ)は、もっともスタンダードなETHです。

国内の仮想通貨取引所、日本円で購入すると手に入るのが、この黒ETHです。

リーリー
リーリー
いわゆる普通のETH(イーサ)が黒イーサですね。

OpenSeaでは、イーサリアムチェーンで「固定価格販売」でNFTを購入するときに使用します。

 

kyagi
kyagi
まあ、普通にNFTを購入するときに使うETHです。

 

ダッチオークションで使うのも黒イーサ

あまり見かけませんが、ダッチオークションで使うのも黒イーサです。ダッチオークションとは、「価格下降式」形式のオークションです。

はじめに設定したオークション価格を段階的に下げていき、最初にオファーをおこなった販売希望者にアイテムを売却します。

 

赤ETH(イーサ)とは

赤ETH(イーサ)は、『WETH(ダブリューイーサ)』と呼ばれます。

「Wrapped ETH」(ラップされたイーサ)という意味で、「ERC-20という規格」でラップしたイーサです。

リーリー
リーリー
?????((+_+))

kyagi
kyagi
まあ、内容を話すと長くて、ややこしくなるから、今回はオークション用に使うETH(イーサ)とだけ覚えておきましょう。

赤ETH(イーサ)にすることで、手数料が安くなったり、ネットワーク上での処理を円滑に行えるというメリットがあります。

 

黒ETH(イーサ)⇒赤ETH(イーサ)へ変換方法

OpenSea上で、簡単に黒ETH(イーサ)⇒赤ETH(イーサ)へ変換できます。

こちらでは安全性を考慮して、PCでのやり方のみを解説しています。

 

OpenSeaの右上のマークをクリックします。

 

Total balanceの黒イーサの点々をクリックします。

 

Wrapをクリックします。

 

Convert tokensのPOP(ポップ)が出ます。

  • Swap ⇒ ETH
  • For  ⇒ WETH

にセットして『Wrap ETH』をクリック。

 

MetamaskのPOP(ポップ)が出るので、『確認』をクリック。

 

『Wrap confirmed』交換が完了しました。

 

黒ETH(イーサ)から赤ETH(イーサ)に変換できました。

 

紫ETH(イーサ)とは

紫ETH(イーサ)は、ポリゴンチェーンでの購入に使用されるポリゴンETHです。

 

黒ETH(イーサ)をポリゴンネットワークで利用するための通貨です。

 

リーリー
リーリー
?????((+_+))

 

kyagi
kyagi
まあ、内容を話すと長くて、ややこしくなるから、今回は「ポリゴンでNFTを買うときは、紫ETHを使う」と覚えておけばOKです!

 

黒ETH(イーサ)⇒紫ETH(イーサ)へ変換方法

OpenSea上で、簡単に黒ETH(イーサ)⇒紫ETH(イーサ)へ変換できます。

こちらでは安全性を考慮して、PCでのやり方のみを解説しています。

 

OpenSeaの右上のマークをクリックします。

 

Total balanceの黒イーサの点々をクリックします。

 

『Bridge to Polygon』をクリック。

 

交換したいETHをFromに入力したら、『Convert tokens』をクリック。

 

『確認』をクリック。

 

『Transaction complete!』コンバートが完了しました。

 

黒ETH(イーサ)から紫ETH(イーサ)に変換できました。

 

黒ETH(イーサ)から紫ETH(イーサ)に変換には時間がかかる場合が多いです。(半日程度かかる場合も)

余裕をもって変換作業に当たりましょう。

 

まとめ

 

OpenSeaで利用する3種類のETH(イーサ)、黒・赤・紫の違いを解説してきました。

OpenSeaの機能も順次アップされて、使いやすくなってきました。

 

ややこしいところではありますが、しっかりと理解してNFTバンバン買っていきましょう!