Defi

【PancakeSwap】PancakeSwapで仮想通貨を運用する方法~流動性を提供する【LPトークン】の発行【LPトークン】【Defi】

bitbank

 
bitbank



 

PancakeSwapで仮想通貨を運用する方法を紹介していきます。

PancakeSwap運用の代表的なLiquidity(流動性)を提供する【LPトークン】について説明していきます。

Liquidity(流動性)提供すると、LPトークンをもらえます。LPトークンは預けることで手数料収入が得られたり、ステーキングすることでCAKEトークンがもらえるようになったりします。LPトークンはDeFiをやっていく上で重要になりますので、しっかりと理解しておきましょう。

このページでは仮想通貨をPancakeSwapで運用する方法について解説していきます。

流動性を提供する【LPトークン】の発行

PancakeSwapを開き、『Trade』⇒『Liquidity』でYour Liquidityのポップの『Add Liquidity』をクリック

『Select a currency(通貨を選択してください)』で通貨ペアを選択していきます。

今回はBTCBとBNBの通貨ペアを選択します。

 

 

『MAX』を押すと最大値が入力されます。通貨ペアが1:1になるように金額を調整したら『Supply』をクリック

通貨が有効になってない場合は以下の画面になりますので『Enable BTCB』(BTCBを有効にする)をクリックして、通貨を有効すると、『Supply』出来るようになります。

 

『You will receive』のポップが出ますので、Pool Tokenの内容を確認して、『Confirm Supply』(供給を確認する)をクリック。

 

METAMASK Notiflictionのポップが出ますので、『確認』をクリック。

 

今回作成したLPトークンをMETAMASKに追加します。

METAMASKにLPトークンが追加されました。

 

PancakeSwapでもBTCB/BNBトークンが確認できます。

まとめ

これでPancakeSwapでLPトークンの作成が出来ました。

Liquidity(流動性)を提供することで手数料収入が得られます。

次回はLPトークンをステークしてCAKEトークンをもらう方法を説明していきます。

 
bitbank