Defi

【MetaMask】MetaMaskにCAKE(Pancakeswap)を表示させる方法 【カスタムトークンの設定方法】【カスタムトークン】【Pancakeswap】

bitbank

 
bitbank



 

PancakeswapでHarvest(収穫)したCAKEは、MetaMaskウォレットに保存されます。

しかし、MetaMaskに反映されていない!って一寸焦ります。

というのもデフォルトの状態ではMetaMaskにCAKE数は表示されません。

MetaMaskでCAKEを反映させるためには、MetaMaskウォレットにトークン設定を追加する必要があります。

このページではMetaMaskにCAKE(Pancakeswap)を表示させる方法 (カスタムトークンの設定)方法について解説していきます。

 

MetaMaskにカスタムトークンを追加する方法

MetaMaskにカスタムトークンを追加する方法を紹介していきます。

①MetaMaskにログインして『Import tokens』をクリック

 

②トークン コントラクト アドレスにPancakeSwap TokenのContractを入力。

PancakeSwap TokenのContract ⇒

0x0e09fabb73bd3ade0a17ecc321fd13a19e81ce82

上記をトークン コントラクト アドレスに入力すると『トークン シンボル』『トークンの 10 進数』は自動で入力されます。

※入力ミスしないためにもコピペで入力することをお勧めします。

 

 

③Contractを入力して『Add Custom Token』をクリック。

 

 

④Cakeが表示されるので『Import Tokens』をクリック。

 

⑤METAMASKにCakeが追加されました。

まとめ

これでMETAMASKにCAKE(Pancakeswap)を表示させることができました。

他のカスタムトークンのも同様の方法で設定していくことが出来ます。

 
bitbank