甘酒とトマトジュースの効果は?美肌や整腸効果も期待できる!?

健康

スポンサードリンク





冬の寒い朝に温めて飲むと、ホッコリ身体が暖まってくる甘酒。その甘酒とトマトジュースを併せて飲むと非常に飲みやすく、体にもとても良いとのうわさを聞きました。

今回は「甘酒とトマトジュースの効果は?美肌や整腸効果も期待できる!?飲む量や時間帯は?」などの真相に迫っていきます。

 

甘酒とトマトジュースの効果は?

甘酒ってとっても体にいいって聞くけど、少しならいいけどあんまりたくさん飲めないのよね。

 

そうだよね。大晦日に除夜の鐘を突きに行くときに毎年飲んでいるけど、それ以外ではなかなか飲むことは少ないかもね。

なにか毎日飲むための飲み方でいい方法はないのかな???

甘酒の起源は?

起源は古く、日本書紀に甘酒の起源とされる天甜酒に関する記述も多数あり、古墳時代から飲まれていたようです。

 

そんな甘酒ですが、製法によってはアルコールが若干含まれていたり、どぶろくのようなどろどろとした感じと独特の風味で、飲みずらいと感じる方も多いんじゃないかと思います。

 

そんな方にオススメの美味しい飲み方をご紹介したいと思います。

 

甘酒を美味しく飲む3つの飲み方

以前TVで甘酒をトマトジュースで割って飲むと飲みやすくなるって聞いたことがあるよ。

 

その① 甘酒のトマトジュース割

甘酒100mlに対してトマトジュース100ml(できれば食塩・砂糖不使用のものがオススメ)をコップに入れて混ぜ合わせるだけ。

1番目にご紹介するのは以前にテレビ番組などでも紹介された甘酒のトマトジュース割です。トマトの酸味と甘酒の甘みが絶妙で、大変飲みやすいと好評です。

 

甘酒には大量のブドウ糖が含まれて脳を活性化する働きと同時に発酵食品として整腸効果がありますし、トマトには抗酸化作用の高いリコピンが多く含まれますので、朝食時に1杯飲むと頭もお腹もスッキリ、そのうえ美肌効果も期待できるということで、朝食時に飲むことをおススメします。

 

その② 甘酒の豆乳割

甘酒1、豆乳1の割合で混ぜるだけなので超簡単!

2番目にご紹介するのが特に女性におススメの甘酒の豆乳割です。これもスッキリした飲み口で大変飲みやすいです。

 

甘酒の整腸効果に加え、豆乳に含まれるイソフラボンも同時に摂取できるため、女性の方にオススメです。特に朝に飲むとより高い効果が期待できそうです。

 

その③ 甘酒とバナナのミックスジュース

バナナ1本と甘酒200mlをミキサーにいれて混ぜ合わせる

意外な組み合わせですが、意外や意外!?予想以上にすっきりとした飲み口で、これも朝食の時に飲むのにピッタリのドリンクです。

 

バナナにはでんぷん、ブドウ糖、果糖、ショ糖などの糖類やカリウム、マグネシウム、ビタミンC、ビタミンB群が含まれていますので、甘酒と組み合わせることで、朝から元気になるドリンクです。

 

ぜひ、いろいろお試ししてくださいね。

 

 

ただ、ものによってはアルコール分が若干のこっているものもあるので、車を運転したり妊婦の方などは、注意が必要です。

甘酒は美肌効果やダイエット効果も期待できる!?

甘酒は発酵食品の酒粕や米麹から作られる大変栄養価の高い飲み物です。栄養素としてはビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6などのビタミン類、葉酸に食物繊維にオリゴ糖、システイン・アルギニン・グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれており、『飲む点滴』ともいわれるくらい栄養価は高いです。

 

そんな甘酒、美肌効果やダイエット効果は期待できるのでしょうか?

 

甘酒と美肌効果の関係

甘酒の栄養素の中でも、美肌効果が高いとされているのがビタミンB群、葉酸、アミノ酸などです。シミを取るための化粧品にも甘酒が使用されていたりと、美肌効果は期待できそうです。

 

ただ、美肌効果が実感できるまでに、個人差も大きいようで3日で実感できたという方もいれば、1カ月程度かかる方もいるみたいです。特に肌細胞が生まれ変わる期間の関係もあるみたいなので、1~2週間くらいは継続したほうがより実感として感じられるみたいです。

 

ただ、糖分が高い飲み物ですし、ものによってはアルコール分が若干のこっているものもあるので、最大で1日200mlくらいまでに抑えた方がいいみたいです。

 

甘酒とダイエット効果の関係

 

糖分が高いのでかえって太るんじゃない?

 

甘酒は大量のブドウ糖が含まれており、『飲む点滴』ともいわれるくらい栄養価は高いです。しかしカロリーは、100mlの甘酒で80kcal程度ですので、お茶碗一杯のご飯が約250kcalということを考えれば、そこまで多くはないみたいです。

 

満腹効果も得られやすいので、少しの量を朝・昼・晩に分けて飲むとより効果が高そうです。ただ、糖分は高いので飲みすぎには注意しましょう。

 

まとめ

 

なにやら、いいことずくめの甘酒の効果ですが、ぜひ飲む量を守りながら、美肌やダイエット効果を期待してみるのもいいかもしれませんね。

 

もっと甘酒について知りたいというかたはこちらの記事も参考にして下さいね(^-^)

 ↓   ↓   ↓

『甘酒の効果的な飲み方。毎日飲んで驚くべきパワーを吸収しよう!』

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました