ニット帽をかぶっていると本当に禿げる?その対策方法は?

生活

スポンサードリンク





夏も終わり秋風が吹く季節になりました、こんな季節にはニット帽が最高ですよね。しかし、巷ではニット帽をかぶっていると禿げるっていう噂でもちきり。

実際にニット帽を被っていると禿げると禿げるのか?!

そんなところにクローズアップしてみました!

ニット帽をかぶっていると本当に禿げる?

 

ニット帽をかぶりっていると禿げるって本当ですか?
たしかに、ニット帽をかぶっていると髪が引っ張られる感じがします。
心配になってきました( ;∀;)

ニット帽を被り続けると禿げるって言われます。

実際にそうなのでしょうか?

そもそも禿げる原因には4つの要因があると言われています。

・遺伝的要因

・ホルモンバランス

・病気や薬の副作用

・ストレス

それではひとつひとつ見ていきましょう。

遺伝的要因

男性の禿げの原因の90%以上を占める原因がAGA(男性型脱毛症)と言われています。また、AGA(男性型脱毛症)は遺伝と密接な関係があると言われています。

ということはAGAによる禿げに関しては、医学的な療法があるかもしれませんが、普段の生活で気を付けることで防ぐことのできる要因ではありません。(残念”(-“”-)”)

 

ホルモンバランス

次にホルモンバランスですが前述のAGAと重なることも多いのですが、アンドロゲンという男性ホルモンが禿げと密接に関係しているのですが、このホルモンバランスも避けられないようです。

その他、病気や薬の副作用の副作用も同じく抗がん剤の影響や病気などで禿げが増長することもあります。

これは、ある意味で避けられないことかもしれません。

ストレス

ストレスに内的要因と外的要因があります。どうやらニット帽を被り続けることはこの辺りが関係してくるのかもしれませんね。

次章ではこのストレスと禿げの関連性について深堀してみていきたいと思います。

 

ニット帽を被ることでの頭皮へのストレス

実際、冬の寒い時期にニット帽はとてもホッコリ暖かいですよね。でもこの暖かさが頭皮にとってかなりのダメージになることもあります。

蒸れ

実は冬場に暖かいニット帽、かぶり続けることで頭皮の蒸れ頭皮の蒸れるという危険性があります。冬用のニット帽は寒さ対策も兼ねているので、夏用のニット帽に比べて通気性が悪く、頭皮の温度や湿度が上がりやすいという特徴があります。

 

ニット帽の中の温度が高くなることで、知らない間に汗をかいていることが多いです。汗をかくことは生理的にも非常にいいことなのですが、厄介なのが「汗に雑菌がわく」ということです。

 

体から汗が出る場所は「エクリン腺」「アポクリン腺」の2カ所があって、特にアポクリン腺から出る汗は、体内のいらないもの、不純物が混じることが多く、その栄養素目当てに雑菌がわきます。

 

この雑菌が禿げにとっての大敵なんです。

 

雑菌が増えることで頭皮が不潔になります。これらが頭皮環境を悪くして、禿げる原因を作ってしまいます。

締め付け

さらに、ニット帽を被ることで頭皮を締め付け、血液の循環を悪くしてしまいます。この締め付けによって血流が悪くなり、頭皮に細菌が繁殖することと合わせて頭皮にダブルのダメージを与えてしまいます。

 

これが、ニット帽を被ると禿げやすい大きな要因です。

その対策方法は?

可能であれば、ニット帽など密閉空間を作るものは被らないというのが一番の対策ですが、やはり寒い日や、またおしゃれな意味でもニット帽は欠かせませんよね。

 

では、その対策として、

  • 頭皮を圧迫しない大きめのサイズの帽子を被る
  • できるだけメッシュ素材の帽子を被る
  • あまり深く被らない

ということが大切になってきます。

 

あと、

  • しっかり汗を拭きとる。
  • シャンプーでしっかり雑菌を洗い流す。

 

こういうことが大切になってきます。

 

まとめ

長時間、ニット帽をかぶることで頭皮の環境は悪くなりやすいので、出来る限り頭皮の環境を良くする対策はしっかりとって、この冬を乗り切っていきましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました